夕方になると義歯を外したくなりませんか?

前橋・義歯專門歯科です。

先日「夕方になると、なんかアゴが疲れて入れ歯を外したくなるんです。」
というご相談を受けました。

そこで、一つあなたに質問があります!

「1日24時間のうち8時間睡眠を取ったとしたら16時間起きていますよね。
その16時間のうち合計どのくらい上の歯と下の歯が触っていますか?」という質問です。

その方は
「起きてる時はだいたい触ってます。」ということです。

通常、上の歯と下の歯が確実に触るときは
1、食事をしている時
2、唾を飲み込む瞬間
3、会話の時に少々

実はこれくらいなんです。
食事中、食べ物を噛むときは一度噛んだら3秒歯が接し続けてる、なんてことはありませんので、
1回1回の上の歯と下の歯の接触している時間はわずかなものです。

結論
1日3回食事をしたとしても上記1〜3の合計時間は20分前後です。
これ以上遥かに長く触っているという方は「歯列接触癖」という悪癖、悪習慣がありますよ!ということです。
信じられないかもしれませんがデータに基づいた事実です。

しかし、悪習慣自体が問題なのではありません。
問題なのは、そのことが原因で様々な病気を発症してしまう可能性があることです。

例えば、顎関節症。
ずっと上の歯と下の歯が触っていると、
触っているだけでアゴに通常ならかからない負担が絶えずかかっていることになります。

人によっては開口障害という口が開かなくなってしまう重い症状が出てしまう方もいらっしゃいます。
そうなるとこの歯列接触癖は見逃すわけにはいきません。

またもっと身近な病気で歯周病(昔は歯槽膿漏と言いました)にも関係してきます。
歯の周りの歯ぐきに炎症が起き、その下の歯槽骨が徐々に無くなって歯がグラグラになり抜けてしまう病気です。

試しに、
ご自身の腕の皮膚上に人差し指を軽く置いてみて下さい。
皮膚が少しでも押されれば白くなりますよね!
そうなんです、白くなるということは、
皮膚の下の血管内の血の流れが押されて滞り、その部分の神経も圧迫された状態なんです。

歯ぐきにも同じことが起こります。
歯を軽く合わせただけでも歯の根の周りの毛細血管内の血流は減少し、神経も圧迫されています。

歯ぐきの周りの毛細血管は、歯や歯ぐきに酸素や栄養を運ぶ重要な道ですので、
圧迫が起こればそれらは滞ってしまい、歯周病のリスクは上がってしまいます。

ここからは、特に義歯の話です。
実は上記と同じ事が入れ歯の下の粘膜でも起こっています。

入れ歯で、噛みしめるまでいかなくても歯が触っていれば、
入れ歯を介して歯粘膜ををずっと圧迫していますし、顎関節にはずっと力がかかりっぱなしです。
午前中はまだ良いかもしれませんが、夕方には疲れてしまい外したくなるのは当然の成り行きです。

しかし、「では触らないようにすればいいのですね!」と、そう簡単にはいきません。

この歯列接触癖は、もしかしたら入れ歯の方が天然歯の時からずっと何年も何年も続けてきた癖の可能性が高く、
簡単には止められないのです。
反対に、この癖が原因の一つで、歯周病が悪化し現在の総入れ歯になったのかもしれません。
怖い癖なのです。

歯列接触癖の治し方は、飲み薬も無ければ積極的に装置を使って治すという方法もありません。
頑張って意識して止めるしかないのです。

例えば、自分の行動範囲内の目につくところに「歯を離す」「歯を離す」と紙を貼って、その紙を見たら思い出して歯を離す!
今だったらスマホの壁紙一面に書いておくのも良いかもしれませんね!
この繰り返しで、
やがて悪癖を取り除くというシンプルな方法しかないんです。

ご相談頂いた患者様にこの方法をお勧めしたところ、
少し歯を離す時間が長くなっただけでも「入れ歯を外したい」と思うまでの時間が延びて、楽になってきたとの事でした。
良かったです。
頑張って1日20分前後まで持っていって頂きたいですね。

ここで、一つ貴方にお願いがあります。
上記の方は入れ歯を介しての歯列接触癖でしたが、
もしかしたらその方のご家族も同じような状態にあるかもしれません。

昔はよく「口を閉じなさい」と親から言われたものです。
「その口を閉じなさい」を勘違いして噛み締める癖がついてしまったお子さんもいたと思います。
もちろん言っている親御さんも区別ははついていなかったと思いますが。

患者さんにこの話をすると、今まで言われた事がなかったというお言葉をよく聞きますが、
忙しい歯医者さんでは知ってか知らずか、なかなかこの事実を患者さんに伝えていないようです。
とても大切なことなのですが、、、。

ここからがお願いです!
是非、この話を知った貴方は周りの方に

「上の歯と下の歯が触ってる時間はどれくらい?20分以上だったら気をつけて!」と教えてあげて下さい。

入れ歯になる方が少しでも減りますように!

目次