入れ歯が合わなくて悩んでいる方へ その原因は5つ考えられます

「入れ歯が合わない」という原因は様々です。

しかしほとんどの場合は5つの原因に絞り込みができます。
様々いうのは、5つの原因の複合的な組み合わせが出来る事によって出来るのです。

この記事では、入歯が合わない原因について解説します。

目次

1 歯ぐきが痛い

入れ歯が合わないと訴える時の原因の1つめは“痛み”です。
痛みの強さにもよりますが、人間は痛みに完全に慣れることはありませんので、強い痛みが出てしまうと待ったなしですからね。

痛みについてはもうひとつ考えなければならないことがあります。
その痛みがいつ出たかです

痛みが出る時期によって原因は違う!

①入れ歯作製直後から出る痛み
②入れ歯作製後、良く噛める時期を経て出る痛み

①入れ歯作製直後からでる痛み の原因

1、入れ歯の内面の調整不足
歯ぐきに対する調整不足が原因で痛みが出ます。入れ歯を支える歯ぐきの厚さは不均一で、噛んだ時に歯ぐきが薄い所ほど痛みが出やすいのです。また入れ歯の出し入れ時の調整不足も歯ぐきの薄いところに痛みが出ます。

2、噛み合わせの調整不足
入れ歯では、全体的に均一に力が入るように噛み合わせが調整されるべきですが、人工歯の調整不足により歯ぐきに部分的な当たりが出て、痛みが出てしまいます。

3、上下の人工歯の位置関係の設定のミス
そもそも本来あるべき位置に歯が並んでいない入れ歯は、早い段階で痛みが出て少々の調整では痛みは消失しません。

②入れ歯作製後、良く噛める時期を経て出る痛み

使用し続けることで入れ歯が合わなくなって出る痛みの原因はこのタイプです。

a 土手(歯槽骨)が痩せることで出る痛み
土手(歯槽骨)は入れ歯を使用しても、しなくても歳とともに減っていきます。

その減り具合は、身体的な個人差や食生活からくる個人差がありますが、何れにせよ減っていきますので、入れ歯は緩くなり動くようになって当たりが出てしまい痛みが出ることがあります。

また、全身的なご病気や極端なダイエットでも歯ぐきは痩せますので注意が必要です。

b 人工歯の磨耗により出る痛み
入れ歯の人工歯が極度に磨耗して噛み合わせが変わり、不均一な歯ぐきへの刺激となって痛みが出ることがあります。

また口腔内の高さが低くなりますので、顎関節にかかる負担も増し、顎に痛みが出る場合もあります。

c 入れ歯の衛生状態が悪くて出る痛み
入れ歯の衛生状態が悪い方がいらっしゃいます。単に磨けない方と、磨いてはいけないと勘違いされている方、磨けていると錯覚されている方の3種類の方です。

いずれにせよ、入れ歯の表面は細菌がべた〜とついていて、入れ歯の内部まで細菌が入り込んで変質してしまっている場合もあります。そうなると歯ぐきに赤く炎症が起きてしまい、入れ歯には不備がなくても歯ぐきに炎症があるので、痛みが出てしまいます。

d お湯などによる入れ歯の変形で出る痛み
入れ歯に熱湯消毒は厳禁です。入れ歯はプラスチックに似た材料でできていますので、熱湯をかけると変形してしまい、そのために歯ぐきに合わなくなって痛みが出ることがあります。

2 気持ち悪い

入れ歯で吐き気がする原因とは?

入れ歯が気持ち悪いのは入れ歯を使用する誰しもが使い始めに感じることで無理のないところです。しかしそれが度を超えてしまっては許容できません。

入れ歯の違和感が強く出るところは3箇所です。
この3箇所に①〜③のとある一定の条件が当てはまった場合「気持ち悪い!」ひどければ「吐き気がする!」という嘔吐反射が起きます。

入れ歯や違和感が強く出る部位

a 上顎の喉近く、入れ歯の後端
b 上顎の前歯の裏のやや後方
c 下顎の左右喉近く、入れ歯の後端

とある一定の条件

①入れ歯に不備がある

a 入れ歯の形が悪い
b 入れ歯の長さが長過ぎる
c 入れ歯の厚みが厚過ぎる

②個人の身体的特徴として繊細、敏感

元来、口腔内が敏感な方がいらっしゃいます。そういう方は嘔吐反射が強く、入れ歯に工夫が必要です。

③ 個人の身体的特徴として慣れるまでに時間を要する

最初は反応が強く出て、やがて落ち着いてしまう方がいらっしゃいます。最初の反応に動揺せず少しずつ慣れていくことが良いでしょう。

食べ物の味や温度を感じにくくなった原因とは?

食べ物の味はお口の中の味蕾というセンサーで感じとっています。基本的に味蕾は舌、軟口蓋、咽頭、喉頭に存在しますが、入れ歯で直接覆ってしまう所はありません。しかし味は広義では味蕾だけで感じ取るものではなく、その食物の温度も大いに関係します。

上顎の総入れ歯のように口蓋を大きく塞いでしまうものは入れ歯の熱伝導性の悪さが影響してしまい歯触りに一瞬遅れて食べ物の温度が伝わるため味を感じ難いと感じるかもしれません。また入れ歯を入れると唾液が出づらくなる方がいらっしゃいます。それも入れ歯は味が分かりにくくなるという感覚を持たれる原因かもしれません。

つまり入れ歯は、味そのものの科学的成分を分かりづらくする要素はありませんが、
味を感じる時の補助因子の温度と唾液に影響してしまう方がいらっしゃるということです。

3 うまく発音できない

入れ歯を入れると「喋りにくい、きちんと発音できなくて仕事に支障をきたす」とお困りになる方は少なくありません。

そもそも入れ歯は天然歯が抜けた所は歯ぐきが痩せます。そこに痩せた分の厚みの入れ歯を補うとプラスマイナスゼロになると違和感は出ません。ところが入れ歯のピンクの部分は歯ぐきが痩せてマイナスになっていないところにも設置され、材料の厚みがそれに輪をかけてプラスの感覚をつくり違和感となります。

そしてその違和感は、条件反射で発音に濁りを出させてしまいます。澄んだ発音を回復するためにはそれ相応の工夫が必要です。

4 入れ歯が外れる

入れ歯が外れてしまう原因とは?

①入れ歯のピンクのベース部分の形、大きさが不適切

総義歯では、入れ歯自体の大きさが大き過ぎると食べたり話したりした時の口腔内の筋肉の動きにより入れ歯は押し出され外れてしまいます。また形が悪いと入れ歯の内面に空気が入り外れてしまいます。

部分入れ歯では、歯にかかっているバネが緩すぎると入れ歯は外れてしまいます。

②ベース部分が歯ぐきに合ってない

総入れ歯では、入れ歯の内面が歯ぐきにピッタリ合っていないと空気が入り外れてしまいます

③噛み合わせが合っていない

総入れ歯において噛み合わせが合っていないことは様々な場面で致命傷になります。特に上顎総入れ歯の臼歯部は、均等に上顎に力がかかることにより上顎に押しつけられて入れ歯が密着しますので、臼歯部の噛み合わせがしっかり調整されていないと密着できなくて空気が入り、入れ歯は外れてしまいます。

5 よく噛めない

よく噛めない場合の多くは痛みを伴い、「痛くて噛めない」ということが多いのですが、中には痛みを伴わずに噛めない場合があります。

総入れ歯や多数歯欠損では、残存歯がなくガイドとなる歯がありません。その患者様本来の歯並び、噛み合わせとは全く違ったものになってしまうというテクニカルエラーが起きると、「痛くないがよく噛めない」ということになります。

番外編

見た目が悪い→この入れ歯は合わない
見た目、審美性も重要な項目の一つです。

どんなに綺麗な歯並びでも、一目で「入れ歯ですね」とわかってしまうようでは、自然観がありません。お顔に自然に溶け込むような歯並びでなければ、これもある意味「この入れ歯は合わない!」ということになってしまいます。

合わない入れ歯を使っているとどうなってしまうのか?

部分入れ歯と総入れ歯に分けて考えてみましょう。

部分入れ歯

部分入れ歯といっても小数歯欠損から口腔内に歯が1歯残存の多数歯欠損まで様々ですが、共通して言えることは、入れている部分入れ歯が、残存している歯の運命を、寿命を決めているといっても過言ではありません。

部分入れ歯の下の歯ぐきや骨が減少すれば周りの歯に力的負担がかかります。食物がそこに入れば衛生的に悪影響が出て、虫歯にもなり易くなります。そして入れ歯の周りの歯が受けたダメージはその隣、またその隣へと波及しやがて全体のバランスが崩れ、噛み合わせの崩壊となります。

総入れ歯のほとんどの方が部分入れ歯から総入れ歯へと移行した方です。小さな部分入れ歯の時にきちんとした入れ歯を入れていたら総入れ歯まで移行しなかったであろう方が沢山いらっしゃいます。「今食べられるから、まあいいか」と思いがちですが、現状をなめると、あっという間に全体の噛み合わせは崩れ、食べられなくなる時が来ます。快適な部分入れ歯が有ります、放置してはいけません。

総入れ歯

合わない総入れ歯は、からだの根本的な機能に悪影響をもたらしていきます。

バランスの崩れた入れ歯を使い続けていると噛み方に偏った癖がつき、顎の動きにも不調和をきたし、顔貌においても筋肉の高まりのバランスが崩れ、いわゆる「顔の歪み」として現れます。酷い方では肩こりに悩まされ、足腰の運動機能にまで悪影響を及ぼす方もいらっしゃいます。

決して放置したり、接着剤でその場を凌がず、根本的な入れ歯治療をお勧めいたします。

どうすれば痛くない、フィットする入れ歯を作れるのか?

痛み、違和感、発音、脱離、噛む、審美性

フィットする入れ歯とは良くくっついている入れ歯ではありません。違和感も気持ち悪さもなく、しっかり発音できて外れもしない、それでいて痛みもなく良く食べられる。そして他人に入れ歯だと悟られない自然感がある。それが本当のフィットです。

それには、当たり前のようですが一つ一つの工程を、丁寧に丁寧にそして正確に作っていくことが必要です。具体的には、カウンセリング、視診、触診、模型、X線写真等を通して、その方の口腔内の状態を良く観察し把握することから始まります。

またキモとなるところでは、保険診療ではほとんど行うことのない口腔内の歯ぐきや骨の状態、筋肉の動きを精密に入れ歯に落とし込む筋圧形成は不可欠です

仕上げとしては患者様の実際の口腔内で、目、鼻、口、顔全体の輪郭、体格までも考慮して前歯を並べていくことで、人工的な入れ歯がその方の体の一部になります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯のメリット

1番のメリットは近隣の歯科医院で作製可能で、治療費が安価なこと、これに尽きます。

保険適用の入れ歯のデメリット

デメリットは入れ歯の出来は患者様の口腔内の状態次第。

出来はコミットされていません

その方の口腔内の状態が大きく影響します。入れ歯を作製するのに有利な条件や易しい条件の方もいれば、厳しい方もいらっしゃいます。有利な条件の方は保険であろうが、歯科大学を卒業して1年目のドクターであろうが、そこそこ良い入れ歯が出来上がるでしょう。

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯のメリット

自費診療は、貴方が診療をお受けになる歯科医院の最良の治療です。グレードのオプションがあるかもしれませんが、保険診療では使うことのできない材料を使うことができます。

自費診療の入れ歯のデメリット

高額なことです。しかし高額なことが最もデメリットなことではなく、最大のデメリットは、高額であっても結果が保証されていないリスクがあることです。自費だからといって、全ての歯科医院の技術が素晴らしく、満足のいく結果を保証してくれるわけではありません。歯科医院の技術水準は自費であっても、それぞれ違うのです。

まとめ

ここでは、入れ歯が合わない原因とその事による弊害について説明いたしました。

そして、どうすればフィットする入れ歯を作ることが出来るのか?について簡単に説明をさせて頂きました。保険適用で出来る事、自費治療で出来る事を確認して頂いて、ご自身に合う入れ歯の作成をご検討ください。

もし、ご自身にフィットした入れ歯を自費治療で作りたいとご検討される場合は当医院にご相談くださいませ。必ず、あなたのご希望にお応え致します。

義歯専門歯科 Adii Dental Clinic 

目次